アレルライトハイパー お試し

アレルライトハイパーは乳酸菌の力がすごい

アレルライトハイパー

 

ヨーグルト50キロ分の乳酸菌がたった2粒に凝縮
日清食品が独自に開発した乳酸菌リフレクト乳酸菌。

 

志賀高原のツルコケモモから発見されたリフレクト乳酸菌
日清食品グループの乳酸菌研究を通じて、カラダのバランスを整えるチカラがあることが分かりました。

 

お試し毎日の生活で摂れない量の特別な乳酸菌を、手軽に摂取できます。
水と一緒に飲むだけなので、毎日の習慣として続けることができます。

 

アレルギーが心配な方でも安心なアレルゲンフリーです。

 

今ならお試しで ¥1980

 

2回だけの継続がお約束
2回目以降ならいつでも解約・休止OKだから安心してお試しできます。

 

2回目は10%オフの¥4140

 

アレルライトハイパーお試しでリフレクト乳酸菌の効果

アレルライトハイパー

こんな症状を緩和してくれるのがアレルライトハイパー

 

リフレクト乳酸菌 (T-21株) は1990年に東京農業大学岡田早苗教授により
長野県志賀高原にてツルコケモモ (洋名:クランベリー) から採取保管され、
日清食品にて花粉症等のアレルギー症状を抑える効果が発見されました。

 

リフレクト乳酸菌 (T-21株) はラクトコッカス ラクティスという乳酸球菌の一種。
ラクトコッカス ラクティスは、チーズやヨーグルトといった世界中で食べられる食材に含まれており、
食経験が豊かな乳酸菌です。リフレクト乳酸菌 (T-21株) の研究は今も続けられており、
さらなる効果の発見が期待されています。

 

.通年性鼻炎には3週間、
花粉症には4週間で効果を発揮

 

リフレクト乳酸菌 (T-21株) は、花粉症などのアレルギーを抑制する免疫調節物質である、
「インターロイキン-12」の産生を促進する能力が非常に高い乳酸菌株です。

 

リフレクト乳酸菌 (T-21株) の摂取によって、花粉症と通年性鼻炎の症状が
緩和されることがヒト試験で確認されており、通年性鼻炎には3週間、花粉症には4週間の
摂取で効果が出ることが実証されております。

 

リフレクト乳酸菌 (T-21株) は、乳酸菌の中でも優れたアレルギー抑制力を
持っている魅力的な乳酸菌なのです。

 

乳酸菌が花粉症のアレルギー反応を抑えることができるのでしょうか?

花粉症の原因とメカニズムを見ていきましょう。

 

花粉症は、特定の時期に症状が現れる季節性アレルギーで、
スギやヒノキなどの花粉が原因で発症します。花粉症に関する調査によると、
花粉症の発症者は人口の41%にものぼるといわれています。

 

そのうちの62%の人は花粉症対策として「マスク着用」を行っていると回答。
多くの日本人が花粉に苦しめられている数字といえるでしょう。

 

 

乳酸菌と花粉症の関係

アレルライトハイパー

身体の中に花粉が侵入すると、白血球の一種であるリンパ球が「抗体」を作ります。

 

 

この抗体が「IgE抗体」と呼ばれるもので、再び花粉が体内に侵入すると
鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合。

 

すると、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、くしゃみで吹き飛ばしたり、鼻水や涙で洗い流したり、
鼻を詰まらせて防御したりと、さまざまな方法で花粉を体外に放り出そうとするのです。

 

これらが花粉症の症状の正体です。ある種の乳酸菌には、その免疫機能の過剰な反応を
引き起こす「IgE抗体」が作られるのを抑える働きが知られています。

 

 

乳酸菌の整腸効果と腸内菌叢

アレルライトハイパー

腸内菌叢のバランスを整えてくれるのが乳酸菌です。

 

アレルライトハイパーに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌が増殖する手伝いをしているのです。

 

乳酸菌を掘り下げる
もっとも知られている乳酸菌の効果といえば便通の改善や促進効果ではないでしょうか。

 

乳酸菌の定義・特徴
乳酸菌とは乳酸をたくさん作り出す細菌を意味していて、慣用的な呼び名であり、
生物分類学上の呼び名ではありません。
乳酸菌は酸素があっても生きられる通性嫌気性のものが多く、ヒトのからだの口の中から
生殖器至るまでいろいろな場所に常在している細菌です。

 

便秘の腸内はアルカリ性
便秘の腸内では悪玉菌の勢力が優勢になっています。
悪玉菌(ウォルシュ菌など)は日和見菌も味方につけ腸内の残留物(食べ物のカスなど)
を腐敗させ、腸内をアルカリ性に変えてしまいます。

 

アルカリ性にかたよった大腸はぜん動運動が弱まり、便を肛門まで送り出す力がどんどん弱まってしまいます。
そして長時間腸内にとどまった便はどんどん腐敗がすすむため、腸内はますますアルカリ性に偏っていきます。